お久しぶりです。

 

前回から更新が滞ってしまいました。すみません。

 

Automatica2016のサービスロボット編を更新していきたいと思います。

ただ、本業とは違うので、上辺しか紹介できないことあしからず。。。

まずはこれ。

どーん。ドローンにKUKAのロボットアームがついたもはや戦闘兵器みたいな製品です。笑

あくまでコンセプトのようですがインパクトでかすぎですね。

ちなみに今までのロボットアームではこんな使い方できませんでしたが、

全軸トルクセンサが内蔵されたこのタイプであれば安全性が認められ、このような使い方もできるようになった。という感じでしょうか?

f:id:montblanc-H:20160808210736j:plain

 

ロボットハンドコーナー

ロボットはアームよりハンドのほうが大事な場合が多いです。

ものを掴めるかどうかはかなり重要。

こちらの展示では過去からのロボットハンドの変遷を展示していました。

一番右、かなりリアルですよね。

ただ人と握手するにはまだ危険です。金属と金属の間に皮膚が挟み込まれるんですよね。私は迂闊に触ってハサミましたw

 

f:id:montblanc-H:20160808211417j:plain

 

んー思ったよりサービスロボット側の写真をとっていなかったです。

ただ、オムロンの無人搬送ロボットや昆虫ロボット等展示されていました。

やはり人と共存するという流れはどのメーカも意識して展示されていました。

まだコンセプト段階であり実際に製品化しているのはKUKAやUniversal Robotのみですが、各社の広告には人がロボットの上に乗っていたり、人とロボットが舟のオールを漕いでいる写真があったりしました。

 

2年後のAutomaticaでは更に進化したロボットを見れるのは間違いないですね。

 

以上です。