私の変化

かみさんに言わせれば、昔に比べて私は気が短くなったそうだ。言われてみればそうかもしれない。生活環境が田舎から都会へ変わってから、結構イライラすることが増えた。

 

anger
anger / madstreetz

 

駅の人の多さは半端ではない。通路を通っているだけで疲れる。人を避けるのに気と体力を使う。さらに、駅は迷路だ。私は方向音痴な為、初めての駅ではほぼ確実に迷う。だから、駅にいると何やら私の「気」らしきものが抜けていくのがわかる。駅を抜け切った後の充実感以上に、疲労感の方が断然上だ。たとえ無料の迷路(駅)であっても、東京の迷路は勘弁だ。

道路ももちろん大混雑だ。さらに一方通行が多い。タクシーが多い。車線が多い。もう、何が何だか訳がわからない。そして、迷うのだ。ナビがあっても迷うのだ。何なんだ私は。何なんだ東京は。短気にもなるわい。

 

娘に対して

しかし、それを娘にぶつけることはしてはいけない。子育てにはとにかく「忍耐」が必要なのだ。忍耐なくして子育ては成り立たないと思っている。

とにかく子どもは泣く。今イヤイヤ期の娘は泣く。なんでも嫌なのだ。そうなんだ。こうしたいと思っても、それを言葉にする能力をまだ持っていない。感情をコントロール術を持っていない。我慢する能力を持っていない。分かっているのだ。自分が短気になったからと言って、それは娘にとっては関係ないことでなければならないのだ。

 

まだ生まれてから2年ちょっとしか生きていない娘に対して、

「泣かないで」

「我慢して」

「なんで言われた通りにしないんだ」

は通常通用しない。

泣いてほしくない状況、言うとおりにしてほしい状況の時でもイラッとくる何かを抑えて、優しく娘と接しなければならない。それが親だ。「自分は短気だから」とか、「今イライラしているから」とかは関係ないものでなければならない。

 

Touching an angel
Touching an angel / pixle

 

これからも

子どもにイライラするってのはよくあるだろう。しかし抑えれるはずだ。なぜなら、イライラ以上に優しさをくれる、イライラとは逆の感情をもたらしてくれる存在なはずだから。

東京に対して短気であっても、娘に対して短気にはならない。そして、自分に生えているトゲトゲしさを少しずつ削って、丸くなっていきたい。

そうじゃないと、娘が小学生とか中学生になった時、「うるせークソオヤジ!」とか言われそうだから。。。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...